ローヤルゼリーの成分

とても効果のあるローヤルゼリーの成分はどんなものがあるのでしょうか。
ローヤルゼリーは、王乳とまでいわれて、王様でさえ貴重に取り扱って父のように少量ずつ飲んだものだそうです。

ローヤルゼリーの原料は花粉といわれます。
花粉を食べるということは、地上に姿を現した植物のエキスを天地からの恵みによって食べるようなもので、それに多大な効果があっても、何の不思議もありません。

実際のところ花粉には、三大栄養素であるタンパク質、脂質、糖質のいずれもが含まれるのと同時にミネラル、ビタミンも多く含まれています。

ミネラルにはカルシウム、マグネシウム、鉄、銅、カリウム、硫黄、マンガン、塩素、珪素、リンなどが含まれ、
ビタミンもビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンDなども含まれています。
グリシン、リジン、オキシリジン、セリン、ロイシン、イソロイシンなどのアミノ酸も多量に含まれています。

ローヤルゼリーの成分は実に多種類のものが含まれていることが分かります。
ローヤルゼリーの成分は知覚神経、自律神経などに影響を及ぼします。
知覚神経は目、鼻、口、耳、皮膚、の五感と呼んで、これを支配する神経が知覚神経です。

このほかに第六感と称する、さらに高度な感覚もあります。
知覚神経も自律神経も材料はアミノ酸のロイシン、アスパラギン酸、グリシン、タウリンなどが主成分ですから、アミノ酸は、身体にとって非常に有効なものです。

これを摂取できるローヤルゼリーは大変有用なものだということが理解できます。
そんなローヤルゼリーサプリメントの人気ランキングがこちらにありますので参考にしてください。
健康な神経細胞にとって必要な働きをするものとしてはグルタミン酸、ガンマ―アミノ酪酸、アセチルコリンなどがあります。

ローヤルゼリーにはタウリンもアセチルコリンもビタミンB1も含まれていることが間脳老化による更年期症を防ぐことの裏付けになっているのかもしれません。
こちらにローヤルゼリーで期待できる効果と効果的な摂り方についてかいてありますのでご覧ください。