どうやって作られているの?

ローヤルゼリーの生成ははちみつとは違います。
ミツバチが花粉と分泌液を合成して生成するのです。
ミツバチは、女王蜂のためにローヤルゼリーを生成します。

それでは、ローヤルゼリーの生成行程はどのようになっているのかをみていきましょう。
ローヤルゼリーの生成過程を説明するには、まず、ハチミツがどのように生成されるのかを知らないと理解できません。

ミツバチは、花の中の蜜を集めます。
ミツバチ自身の蜜を貯める所がミツバチの身体にあります。
自分の身体に集めた蜜を、他のミツバチがたくさん住む巣の中に持って帰ります。
この集めた蜜を巣の中で待ち構えていた別のミツバチが受取ります。
この巣の中で受け取ったミツバチの蜜が、ハチミツとなるわけです。
このハチミツは、巣の中にいるミツバチと巣の外に花から蜜を集めるために動いたミツバチの重要な食料となるのです。

こうやってハチミツが出来るわけですが、巣の外に旅立って花から蜜を集めてきたミツバチは、蜜だけを集めるわけではありません。
巣の外に出た蜜コレクターのミツバチは、蜜だけでなく花粉も一緒に採ってきます。
そして、巣の外に出た蜜コレクターのミツバチは、巣の中で待ち構えている別のミツバチに花粉も渡します。

巣の中で待ち構えている別のミツバチはこの花粉を蜜で練って、球体のようなものを作ります。
この蜜と花粉で作った球体は、巣の中で待ち構えている幼いミツバチが食べます。
そして、幼いミツバチの腸で消化されたものがローヤルゼリーとして生成されたものが出てくるというわけです。

この分泌されたものがローヤルゼリーということです。
そして、この排出されたローヤルゼリーは最終的に女王蜂の食べ物となります。
ローヤルゼリーは栄養素の宝庫として、大変効力の高い有効成分が入っているため女王蜂は長生きするという驚きのパワーを持つのです。
そんなローヤルゼリーを摂取するときの注意点がありますのでこちらをご覧ください。
ローヤルゼリーの効能の詳細についても参考にご覧ください。