はちみつとの違い

これからローヤルゼリーとはちみつの違いを説明しましょう。

まず、ローヤルゼリーとはちみつの共通点はミツバチが作るということです。
ローヤルゼリーが何のために作られるのか、はちみつが何のために作られるのか
誰がそれを食べるのかなどもローヤルゼリーとはちみつでは異なるわけです。

まずはちみつは、ミツバチが作るものですが、花の蜜から作られます。
そして、このはちみつを食べるのは、女王蜂以外の一般のミツバチたちです。
それに対してローヤルゼリーは、女王蜂が食べるものです。

原料としては花蜜と花粉をミツバチが合成して作るもので、ローヤルゼリーに含まれる成分についてはこちらにかいてあります。
つまりローヤルゼリーは女王蜂のための食べ物で、はちみつはミツバチのための食べ物なのです。
ローヤルという言葉は、確かに「貴族の」「特別の」という意味を含んでいるため、それでローヤルゼリーとの名前が付いたのでしょうか。

ローヤルな蜂である女王蜂が特別に食べる食事がローヤルゼリーと理解できます。
この特別な存在だけが食べられるローヤルゼリーは、確かに圧倒的な力を持っています。

その力とは、まず寿命です。
一般的なミツバチが、一か月程度の寿命であるのに対して、女王蜂はなんと3年~5年もの寿命があるというのです。

さすがにローヤルゼリーはミツバチ自らが作ったものでそれだけの力、パワーのある恩恵を受けているというものなのでしょう。
人間がその魅力に魅せられて、使用していくのも無理がありません。

他にも女王蜂やローヤルゼリーの驚異はあります。
ローヤルゼリーの驚異の効果効能についてはこちらに詳しくまとまっています。
女王蜂が毎日のように多くの卵を産むということです。
ミツバチの中では群を抜いて長寿命の女王蜂が、毎日子孫を残すために卵を産むのです。

このバイタリティ、体力はローヤルゼリーの力を見せつけられます。
こんな驚きのローヤルゼリーを試さないのはもったいないですよ。
ローヤルゼリーの摂取方法こちらの記事も参考にご覧ください。